住宅支援給付って何?条件は?

住宅支給付とは働く能力や意思は合っても仕事に付けず住宅を喪失している又は喪失する恐れがある人を対象に住宅確保を行うための給付制度です。
以前は住宅手当緊急特別措置事業の名称でしたが平成25年4月より名称の変更と一部改正しています。
給付条件は離職後2年以内であること、65歳未満であること、その家庭で生計維持していること、ハローワークを通して職探ししていること、家賃の支払が困難であること、世帯収入の合計額が規定額以下であること、世帯での預金合計が規定額以下であること、同居人が国や地方自治体から同様の支援を受けていないこと、同居人が暴力団帯でないことが挙げられます。
世帯収入合計額が規定額以下であること、これは単身であれば84000円+家賃額、2人世帯であれば172000円m3人以上世帯であれば172000円+家賃額以下でなければいけません。
但し家賃の上限は地域で異なりますので注意してください。
また預金合計額は単身で500000円以下、複数世帯で1000000円以下となります。
申込方法は住まいの地方自治体が窓口となっています。
市役所のホームページにて条件や申し込みに必要な書類を準備した上で申請を行います。
必要書類は「住宅支援給付支給申請書」「免許証やパスポート等の本人確認書類」「離職証明書」「収入証明書(同居人含む)」「預金額を証明できる銀行通帳などのコピー」「ハローワークが発行する手続書類」等です。
住宅支援給付はハローワークでの求職活動の実績も必要ですか希望してもすぐに利用できないこともあります。
また条件が揃って申請しても認可されるまでには数週間程度かかります。
ですが申し込み時点の家賃の支援を受けることが出来ますので、遡って支援を受給することが可能です。
支援期間は基本的に3ヶ月となり、条件によっては延長が認められその場合は最長で9ヶ月まで家賃負担してくれます。orixカードローンでキャッシング!審査通過するには?