研修の種類について

会社に入社すると、社員としての能力を高めて仕事の質を高めていくことや、人間的な成長などの人材育成を目的として、様々な研修を受ける機会があります。その様な人材育成の手段としては、オンザジョブトレーニング、略してOJTという方法と、オフジョブトレーニング、略してoff-JTの2種類があります。前者は、日常業務を行う中で、職場の上司や先輩社員などから様々な指示や指導を受けますが、この様な日常の仕事を通じて職場で行われる能力開発や人材育成のことを、OJTと言います。OJTは、仕事に直接必要な教育を効率よく実施することができて、しかも日常の仕事を通じて継続的に実施することができると言う利点があります。一方、off-JTは、仕事を進めていく上で必要な知識やスキル、或いは職場での人間関係の築き方と言ったことを、職場を離れて学ぶ方法です。off-JTは、専門の講師が教育を担当し、各階層や部門に共通して必要となる知識やスキルなどを学びます。とくに、日常業務から離れた場で行われる教育ですので、マネジメントや会社の経営、経理などと言ったことの基礎知識や高度な理論などを体系的に学習することが出来るため、自分の仕事を全社的な観点から見直すことができます。